予防安全と自動運転研究開発

TRI-P4は、より高い認識能力と計算能力を持ったトヨタの最も先進的な自動運転研究車両であり、多数の機械学習アルゴリズムを並行して実行し、学習を高速化できます。最先端で大規模な技術Simultaneous Localization And Mapping(SLAM)のフレームワークも開発しました

水素社会の実現を推進する新たな団体「水素バリューチェーン推進協議会」

CO2排出量削減による地球温暖化抑制に貢献するための様々な取り組みの一環として、JH2Aが掲げる「早期に水素社会を構築する」という目的の実現に向け、JH2Aの仲間とともに積極的に取り組んでいきます。コネクティッド・自動化・電動化などの新しい技術分野にも一層力を入れ、モビリティカンパニーへと生まれ変わろうとしています。この変革の中において、引き続き創業の精神および国連が定めたSDGsを尊重し、すべての人が自由に移動できるより良いモビリティ社会の実現に向けて努力してまいります。SDGsへの取り組み

AI商品_ページ_081.jpg